ライセンス取得後の活動

 アロマセラピーの学習の目的は様々で、生活のなかに取り入れたいというかたもいらっしゃれば、講師として活躍したい方、アロマサロンやアロマショップのみならず、医療、美容、理容、福祉、インテリア、スポーツ等あらゆる社会的分野へと裾野を広げています。 アロマセラピーの知識はもちろんのこと手に職をつけたいと考えている方が多いのも最近の傾向です。企業に勤めながらもお休みの日はセラピストとしてキャリアを積み、念願のサロンを起業される方も多いのです。 私どもはそんな夢に向けてのサポートをしていきたいと考えております。

アロマテラピー講座開講 宮城県安藤直美さん

 ちまたに本は数多く出ているけれど、家族のためにもっと系統立てて勉強したい!自分でレシピが作れるようになりたい!そう思った時に、先生と出会いました。
 小さかった頃、精油を横目に「臭っ!」と言っていた息子も中学生。今では、姉妹と一緒に「マッサージ(トリートメント)待ち」の行列を作っています(笑)。 半信半疑だった夫も、子どもがちょっと咳き込めば、「アロマしてやれよ」と。
 サロン開業などという大それたことはできませんが、ここ3年、近くの小学校の5、6年の子どもたちにアロマテラピー講座をしています(3〜4回シリーズ)。
 子どもたちがアロマ講座を希望する動機は様々ですが、「癒されたい」「夜ゆっくり眠りたい」という子も少なくありません。「バスソルトのお風呂に入ったら、ぐっすり眠れました!」というお手紙をもらうと、コーディネーターの勉強をしてよかったなぁ、とつくづく思います。

リラクセーションサロンイングリッシュローズオーナーセラピスト 宮城県伏見ゆみさん

 リフレクソロジー、アロマトリートメント、ホットストーン、まつ毛カールなど提供。『自分を大切にしてほしい。自分を癒し、優しい笑顔でいると、幸せは連鎖しまわりの人も笑顔にできるのだ』との思いでトリートメントをしている。

マタニティーアロマトリートメント受講
 妊婦さん受け入れサロンが少ない現状の中、足のむくみや便秘、肩こりなどを感じていらっしゃる方々がお見えになります。そんな妊婦さんの心や身体の不調に、技術面だけではなくアロマやハーブなど幅広いアプローチを学びました。何より、ご本人の心・身体に無理なく寄り添っていく事が大切なのだと学んだように思います。 マタニティー期、出産後、育児、子育て・・・時間の経過と共にホームセラピストとして長く関わって行けたら幸せです。

宮城県武田志麻、ケアマネージャー(介護支援専門員)  私がアロマを学びたいと思ったきっかけは、介護の現場で、お年寄りにトリートメントが行えたらいいなと考えたからでした。実際にアロマコーディネーターの講座を受講してみるとただ、トリートメントの技法を学ぶだけではなく相手に対しての症状や状態に合わせた精油を使用する事でやすらぎの作用や症状の緩和につながることがわかりました。また何より大切なのは、アロマを使って相手に触れ、コミュニケーションをはかる事で、さらに相手にやすらぎや心地よさを深く感じてもらえるということでした。今後も仕事の現場や生活の様々な場面でアロマを活用し、アロマセラピーを通してコミュニケーションの大切さを伝えられたら嬉しいなと思います。
アロマサロンオープン 仙台市Sさん  アロマセラピーに興味があり、勉強したいと考えていた時 たまたま、アロマのハンドマッサージを受ける機会があました。その時「なんて心のこもったマッサージなんだろー」と感激したのを覚えています。マッサージというものは、人の心も優しく包んでくれるものだということを知りました 自分もそんなマッサージがしたい、そんな想いから、アロマセラピーとマッサージを勉強することになりました。将来は自分自身も勉強を積んで、人をやさしく包み、感動を与えられるセラピストになりたいと思います。

ページの先頭へ