ブログ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2013年5月アーカイブ

苦手だった言葉

仙台ヨーガ塾 (2013年5月30日 10:38) | コメント(0) | トラックバック(0)

「なんでやらないの?」

「なぜ、そんなことをするの?」

「こうなるのは、なぜ?」

こんな風に問いただされることが、とても苦手でした。つい最近まで。 

私は、そういった言葉を頭の上に落とされる(そう感じた)度に、心の中で「なんででしょうねぇ」、「なんでって言われてもねぇ」と反抗的になっている自分がいました(素直じゃないから反省しない性質)。 

「誰か」が、自分にとって理解できないことや、常識に合わないこと、迷惑なことをする相手がいた時、

そして、その相手が自分より下の立場にいる場合、

その「誰か」は、また同じ目に合わないように原因を探って、その相手を修正しようとするのでしょうか?

または、その人のためを思ってという動機かもしれません。 

そこで、再び先日の臨床心理学とヨーガ療法の講義から

 「原因論で過去にしばられると、受動的になり、責任転嫁に陥りやすく、自身での回避、脱却行動が取れにくくなる。」

 例1)「なんで私がこんなに他力本願なのかというと、子供の頃お母さんが何でもやってくれて自分でやらなくたって困らなかったんだも?ん」

 例2)「俺が暴力的なのは、何故かって?それは、俺も親父に殴られて育ったからだ!」

例3)「僕に自信を持てって?なんでこんな風になったか分かっているのか?ママが褒めてくれなかったからだよ」

 という具合でしょうか。

 なので、原因を追究するより、

 (アドラー心理学)個人の成長の方向性は、協働を身に付け、共同体感覚を育成し、社会の中で貢献的に生きるということ

 (ヨーガ)人間は、自分のすべてを疑い、セルフコントロールし、野人から常人、偉人、超人、神人と成長することを目指して初めて完全なる健康状態が実現される

 多くの心理療法体系の中で、この両者のみが明確な思想的方向性を提示している(講義資料より)

 で、結論。この考えに従い、ダイエットプログラム、構築しています。

なぜこんなに甘いものを欲するか?その原因を・・・的な取り組みではなく、方向性を重視してね。

 

モニター希望者、ご一報ください!

ヨーガ療法と臨床心理学 「本当の私」

仙台ヨーガ塾 (2013年5月27日 14:42) | コメント(2) | トラックバック(0)

こんな場面で・・・

もう、〇〇ったら、何回起こしても起きてこない!

また、遅刻しそうになって慌てるんだからぁ・・・。

と、心の中はイライラでいっぱい。

でも、眠い目をこすりながらぼーっと起きてきた息子をみて、

爽やかに「おはよう?、良く眠れた?シャワー空いてるよ」

なんて、言っちゃてる。

本当の私は、嫌味のひとつも言いたいと思っているのに・・・。

さて、ここで出ました、「本当の私」。

 

ヨーガでは、瞑想によって、自分の記憶、自分の思い、自分の考え、これが自分と思っている見方、意識をとことんスルーして、思い込みを修正していく作業を続けます。

と、すると、さっきの場面で「こころの中をイライラでいっぱいにしている私」は、本当に本当ですか?

違います。

観照者の私が、被観照者の私を「イライラしている私がいるなぁ」と観るだけ。

そう簡単に本当の私には出会えないのです。

因みに、アドラー心理学においては、「本当の私」と表面的な私との食い違いに附いて考えるとき、その食い違いはフィクションである。実際には選択している行動のみが目的に沿った行動であり、食い違いを作り出す事は、主体的選択をしたことへの責任回避や弁明などの目的としてとらえられる。これを自己欺瞞という。よって、食い違いのある本当の私は、単なる自己欺瞞の手段でしかない、と考える。(講義資料より)そうです。

つまり、「おはよう?」と、明るく声がけしているあなたが現実なんですよ、ということかな。

 

これより下は、蛇足です。

お読みいただければ、幸いです!

5月26日、日曜日、ヨーガ療法士会・宮城の自主勉強会に出席しました。

内容は前回の続きで、

「臨床心理学とヨーガ療法 ―現代心理療法の発展 2 ―」

精神科医のK先生の講義です。

まず、いつもK先生のお話しを伺っていると

「アドラー先生が大好きなんだなぁ・・・」

そこが、ビシビシと伝わってきて、

それと同じくらい、ヨーガの智恵を認めていらっしゃるなぁ・・・

ということ。

アドラー先生がどなたかという事は、追々。

タイトルにもあるように、現代心理療法の考え方と、5000年の歴史を持つとされているヨーガの教えを照らし合わせて、共通点と相違点、あるいは言葉の概念、定義の違いなど分かりやすく説明してくださいます。

これから、少しずつ、このブログで内容をお伝えしていきます。

私のアウトプットの練習がメインなので、読んでくださる方には感謝!

コメントなどくだされば、最大級の感謝!です。

お付き合い、よろしくお願いします。

 

 

ページの先頭へ