ブログ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ヨーガからのギフト

仙台ヨーガ塾 (2013年8月 4日 21:55) | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、私が生徒♪

発声と話し方の特別講座「ヴォイスピ」を受講してきました。

講師は、元アナウンサーの赤間裕子先生。

現在は、声と話し方コンサルタントとしてご活躍の大人気講師の方です。

受講の動機は、自分の発声と話し方を客観視してみたかったから。

その上で、課題を見つけ改善していくことが目的でした。

 

さて、その結果は?

改善点が、山積みでした!

発声と話し方以前に、私はやっぱりあがり症ですww

それはさておき・・・

開始から3時間半

自己紹介に始まって、呼吸法、発声練習、ナレーション、スピーチ

実習の嵐!

久々にバリバリの快ストレスを感じました。

気分的には、10キロマラソン完走と同等。

(そんなに走ったことはありませんけど)

すごいでしょ?!

その中で、一番の改善点は発声するときの口の開け方でした。

私の発声は、口の開きが中途半端。

口の中でもごもごと音がこもっていました。

それから、スピーチするときの自分の声、

キーがつかめなくて苦労しました。

また、最近密かに加齢のせいにしていた滑舌が悪さ、

改善の余地がありそうです(^^♪

唯一褒められたのは、腹式呼吸。

講座の最後には、呼吸を声に変えるコツがつかめて、発声も褒めていただきました。

これが、ヨーガからのギフトです!

そういえば・・・

この前カラオケに行った折に言われたっけ。

「歌、上手くなってるし!」

ヨーガよ、ありがとう!

今日の学びをヨーガの伝承に役立てられますよう、

復習と練習を頑張ろう。

今日という良き日に感謝!

ヴォイスピ1.JPG

座学、受講後の感想を頂きました

仙台ヨーガ塾 (2013年7月22日 17:43) | コメント(0) | トラックバック(0)

仙台市南部にお住いのヒロミさん、
一度体験していただいて、即、「もっとお勉強がしたいです!」
と、意欲を示してくださいました。
ヨーガ以外にも様々な勉強をされていて、
上手な生き方のコツをたくさんの人に伝えていきたいと、考えているそうです。
ヨーガの智慧が役立つといいな...
加えて、私からは「人に伝える時のコツ」も一緒に伝授して差し上げられるよう、
意識をした講座にしたいと思っています。
以下は、ご本人の了解を得て、頂いた感想をそのまま掲載させていただきました。
 
 
 
先日はありがとうございました。
 
 明美先生との出会いは、半年位まえになりますね。
ネット検索でたどり着きました。
私は数年前からヨーガに興味を覚え、あちらこちらで体験をしてみましたが、
なかなか腑におちるものと出会えず、そのまま時間ばかりが過ぎていきました。
明美先生の実技レッスンは、
無理なポーズをとったり、強要せず、呼吸も特に意識することなく、
今の自分にあったとても気持ちが良いレッスンです。
体験レッスンもあるので、おススメです。
 
私は、現在、理論講座も受講しています。
 
思ったより内容が濃く(スミマセン・・・)、
このお値段では申し訳ないと思うほどでしたが値上げはしないでください。(笑)
先日は時間も予定より長くお話してもらい、吸い込まれるほど夢中になり、
聞き込んでいました。
一方的な進め方ではなく、相手にも考える時間を与え答えを導くような教えでした。
 
どちらかというと、直感で物事を選ぶクセ?の私は、
きちんと科学的な理論に基づいて、チョイスしていくことが出来るワクワク感が
これからはプラスされそうです。
 
毎回宿題もだされますが、自分と向き合う時間が増えていき、
それも楽しみのひとつになりそうです。
 
厳しさのなかにも、愛を感じるスペースでの講座でした。
 
 
では、明美先生次回も楽しみにしています。
 

ヨーガ体験実習後の感想?

仙台ヨーガ塾 (2013年6月16日 09:52) | コメント(0) | トラックバック(0)

明美先生こんばんは

 

先日はヨーガクラスに参加させていただきありがとうございました。 先日のヨーガですが、私が受けたことがある、知っているヨガとは全く違うもので驚きました。先生のヨーガならがんばらずに続けられそうです。 実ははっきりと何に効果があった!というものは無いのですが、帰りの道はとても頭がクリアになり視界が広くなった感じがしました。そして、無でした。不安も楽しみも恐れも悲しみもどんな感情も無く、ただ何も考えない状態が帰りの道でした。本当に空っぽになった感じでした。なぜだろう?何したっけ?ふと考えましたが、考えることはやめました。なんとなくスッキリしているんだからそれでいいじゃん。って、自分の今の状態に任せることにしました。これが先日の感想です。

 

事前に受けたカウンセリングに関しては、はじめ、ヨーガに事前カウンセリングが必要なのかと驚きました。ヨーガは心と体に良いことは知っていますし、誰でも気軽にストレッチ感覚でできるものと思っていたので...でも、私が突然今まで体験したことが無い病のようなものに罹ってしまったこともあり、どんな症状かも分からない状態でヨーガをすることを懸念してくださったからと分かり、先生に自分の状態をよく知っていただいてからのレッスンは受ける側も安心度が高まり、体はもちろん心から信頼して受けることが出来ました。

 

宿題にいただいた「賢者は遠くを見、愚者は近くを見る」自分だ。とおもいました。目の前のことしか見えず目の前のことで翻弄されて自分が無い状態。たいしたことではないのに。今はそんな状態かも。とおもいました。ただ近くには良いこと、必要なこともたくさんある。ということも感じています。

 

この方は、他の生徒さんからご紹介を頂いたとき、「喘息の症状に苦しんでいて...」ということでしたので、小児ぜんそくをお持ちだったのか、風邪薬の服用が原因なのか、詳しく伺いたいと思い、カウンセリングを申し出ました。

幸い快く応じてくださいましたので、事前に十分なお話をお聞きすることが出来ました。

お医者様から処方されたお薬で、症状は治まっており、喘息というよりは空咳が続くという状態のようだった(医師からも喘息の診断は出ていない)ので、アセスメントは通常の実習で差支えがない、との結論を出しました。

他には、体の症状に加えて一時的な心配事もあり、また、真面目で一生懸命な方でしたので、問題を整理し、肩の力を抜いてみては?というアドバイスも加えカウンセリングは終了。

時間の余裕がない方ですが、月1回の実習を続けてくださるということなので、継続して関わらせていただけることに「感謝」です!

ジャム、作れるかな?

仙台ヨーガ塾 (2013年6月14日 23:20) | コメント(0) | トラックバック(0)

 裏庭のジューンベリー、ガーデナー成沢氏の手により植えていただいてから3年目かな?

毎年、実ってはいたものの、小鳥たちの餌となっておしまい。

これは、小鳥たちのためのハーベストね...

実り始めた途端、毎日、何度となくつつきに来てくれるので、

思う存分楽しみたまえ?と、

今年もそう思っていたところ、

キッチンの窓から見ると、意外にまだまだたくさん残っている。

もしかして、ジャムを人瓶くらい、いけるんじゃない?

少し分けてね。

と、収穫してみると、200g、集まりました。

もう少しためて、ジャムを作ってみようと思います。

test2.jpg

苦手だった言葉

仙台ヨーガ塾 (2013年5月30日 10:38) | コメント(0) | トラックバック(0)

「なんでやらないの?」

「なぜ、そんなことをするの?」

「こうなるのは、なぜ?」

こんな風に問いただされることが、とても苦手でした。つい最近まで。 

私は、そういった言葉を頭の上に落とされる(そう感じた)度に、心の中で「なんででしょうねぇ」、「なんでって言われてもねぇ」と反抗的になっている自分がいました(素直じゃないから反省しない性質)。 

「誰か」が、自分にとって理解できないことや、常識に合わないこと、迷惑なことをする相手がいた時、

そして、その相手が自分より下の立場にいる場合、

その「誰か」は、また同じ目に合わないように原因を探って、その相手を修正しようとするのでしょうか?

または、その人のためを思ってという動機かもしれません。 

そこで、再び先日の臨床心理学とヨーガ療法の講義から

 「原因論で過去にしばられると、受動的になり、責任転嫁に陥りやすく、自身での回避、脱却行動が取れにくくなる。」

 例1)「なんで私がこんなに他力本願なのかというと、子供の頃お母さんが何でもやってくれて自分でやらなくたって困らなかったんだも?ん」

 例2)「俺が暴力的なのは、何故かって?それは、俺も親父に殴られて育ったからだ!」

例3)「僕に自信を持てって?なんでこんな風になったか分かっているのか?ママが褒めてくれなかったからだよ」

 という具合でしょうか。

 なので、原因を追究するより、

 (アドラー心理学)個人の成長の方向性は、協働を身に付け、共同体感覚を育成し、社会の中で貢献的に生きるということ

 (ヨーガ)人間は、自分のすべてを疑い、セルフコントロールし、野人から常人、偉人、超人、神人と成長することを目指して初めて完全なる健康状態が実現される

 多くの心理療法体系の中で、この両者のみが明確な思想的方向性を提示している(講義資料より)

 で、結論。この考えに従い、ダイエットプログラム、構築しています。

なぜこんなに甘いものを欲するか?その原因を・・・的な取り組みではなく、方向性を重視してね。

 

モニター希望者、ご一報ください!

ヨーガ療法と臨床心理学 「本当の私」

仙台ヨーガ塾 (2013年5月27日 14:42) | コメント(2) | トラックバック(0)

こんな場面で・・・

もう、〇〇ったら、何回起こしても起きてこない!

また、遅刻しそうになって慌てるんだからぁ・・・。

と、心の中はイライラでいっぱい。

でも、眠い目をこすりながらぼーっと起きてきた息子をみて、

爽やかに「おはよう?、良く眠れた?シャワー空いてるよ」

なんて、言っちゃてる。

本当の私は、嫌味のひとつも言いたいと思っているのに・・・。

さて、ここで出ました、「本当の私」。

 

ヨーガでは、瞑想によって、自分の記憶、自分の思い、自分の考え、これが自分と思っている見方、意識をとことんスルーして、思い込みを修正していく作業を続けます。

と、すると、さっきの場面で「こころの中をイライラでいっぱいにしている私」は、本当に本当ですか?

違います。

観照者の私が、被観照者の私を「イライラしている私がいるなぁ」と観るだけ。

そう簡単に本当の私には出会えないのです。

因みに、アドラー心理学においては、「本当の私」と表面的な私との食い違いに附いて考えるとき、その食い違いはフィクションである。実際には選択している行動のみが目的に沿った行動であり、食い違いを作り出す事は、主体的選択をしたことへの責任回避や弁明などの目的としてとらえられる。これを自己欺瞞という。よって、食い違いのある本当の私は、単なる自己欺瞞の手段でしかない、と考える。(講義資料より)そうです。

つまり、「おはよう?」と、明るく声がけしているあなたが現実なんですよ、ということかな。

 

これより下は、蛇足です。

お読みいただければ、幸いです!

5月26日、日曜日、ヨーガ療法士会・宮城の自主勉強会に出席しました。

内容は前回の続きで、

「臨床心理学とヨーガ療法 ―現代心理療法の発展 2 ―」

精神科医のK先生の講義です。

まず、いつもK先生のお話しを伺っていると

「アドラー先生が大好きなんだなぁ・・・」

そこが、ビシビシと伝わってきて、

それと同じくらい、ヨーガの智恵を認めていらっしゃるなぁ・・・

ということ。

アドラー先生がどなたかという事は、追々。

タイトルにもあるように、現代心理療法の考え方と、5000年の歴史を持つとされているヨーガの教えを照らし合わせて、共通点と相違点、あるいは言葉の概念、定義の違いなど分かりやすく説明してくださいます。

これから、少しずつ、このブログで内容をお伝えしていきます。

私のアウトプットの練習がメインなので、読んでくださる方には感謝!

コメントなどくだされば、最大級の感謝!です。

お付き合い、よろしくお願いします。

 

 

第11回ヨーガ療法学会研究総会宮崎大会

仙台ヨーガ塾 (2013年4月21日 17:14) | コメント(0) | トラックバック(0)

今回は宮崎シーガイヤリゾートにて

これは2日目の早朝ヨーガの写真です。

海岸の松林に向かって・・・

この日は、今にも雨が降り出しそうな肌寒い天気。

「ヒマラヤはとても寒いし、風が強いし、行者さんたちはそんな中で修行してるよー」

と、木村先生。

私たちが、寒いなーと思っているのを分かっているのかしら?

心頭滅却せねば^^;

私と写っている美人は福岡の先輩!

すてきな笑顔でしょ?

写真 3.JPG写真 2.JPG

 

ポスター発表会場

皆さん、ほんとに真摯に取り組んでいらっしゃる。

興味のある症例がたくさんあり、時間が足りない・・・

発表される方に直接お話しを聞ける、質問が出来る貴重な場です。

写真 4.JPG

 

講演会場

様々な演題の興味深い講演を伺いました。

演者の先生方も、各界でご活躍されていらっしゃる素晴らしい方々

内容は、追ってブログでご紹介していきます!

写真 1.JPG

受講してきました!

仙台ヨーガ塾 (2013年4月 1日 14:46) | コメント(0) | トラックバック(0)

「保護者のための解剖学講座2」

honep.jpg

 

写真2.JPG 写真2.JPGのサムネール画像  バレエスタジオ「パッソ」主宰、峯岡比呂美先生の講座でした。

様々な分野において若年齢化が進むこの頃・・・・

バレエを通じて幼児、学童、中・高生と幅広い年齢層の子供たちと関わる先生の

真摯な取り組みが伝わるとても良い講座でした。

 

バレエは芸術であるということ

(技術をなぞる職人になってはいけない)

人に感動を与えられる表現力を蓄積することの大切さ

ツールとしての身体のケアと正しい使い方

テクニック先行の指導、周りの大人の性急な期待が及ぼす危険と障害

etc・・・・・

 

まさに、「我執」を手放した末の美しい思いがひしひしと伝わってきました。

この先生に関わる事の出来る人たちは、しあわせだな。

愛があるな。

ヨーガは私に、こんな素晴らしい出会いをくれました。

 

「バレエという芸術が表現する無重力感の美しさ」

まずは、それを体感してもらうためのプログラミングを始めましょう、早速!

 

 

 

JKと瞑想

仙台ヨーガ塾 (2013年3月18日 13:55) | コメント(0) | トラックバック(0)

今日のヨーガ実習は、部活練習後。

いつもは、練習前。

練習で疲れた身体をほぐす流れの内容で行いました。

アップと同じに大切なダウン、そして、自分の身体のセルフケア。

高総体に向けて万全のコンディションで取り組んで欲しいから。

筋肉の緊張をとくための、軽い等尺運動も行いました。

 

そして、

最後は簡単な瞑想・・・

の、つもりが結構重かったかな?!

「結果の放棄」を、題材にしました。

自分にも、その他にも、結果を期待すると、裏切られたときにがっかりする。

他人を思いやった末の行為も、見返りを期待した時には、自分のための行為となる。

行為は、し終えたときには、その場で捨てる、結果も。

これが中々難しい・・・・

このような素晴らしい智恵を、若い、可能性の詰まった人材へ向けて発信できる機会が与えられていることに、

感謝!!

今年度は、残すところあと1回。

広瀬ヨーガ2.JPG

ベビーヨーガ

仙台ヨーガ塾 (2013年3月16日 11:47) | コメント(0) | トラックバック(0)

「息子ちゃんとベビーマミーヨガに通っています。」

と、東尾理子さんが、ご自身のブログで紹介されていて、

「ほっほー、それなら試してみましょう」

ということで、娘のベビーをお借りして試してみました。

人体実験! 笑

写真.JPG

お腹に手を置いて、「あー」の声を出しながら深い呼吸。

ハンド・イン・アウトブリージング

レッグ・ベントアンドストレッチ

ヒップローテーション

魚のポーズのまねっこ

橋のポーズのまねっこ

etc.

・・・・・・・・・・・・

アイミー睡眠中

ほら、この通り。

普段より寝つきがいいような気がする。

という、娘の感想。

追々、様子をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ