すべての人が、プラスに、上に。

今、なぜ、ヨーガなのか。

 様々な局面において変化のスピードが加速する社会情勢の中、私たちは常に様々なストレス要因にさらされ、心身の過剰なストレス反応に悩まされる状況にあります。そのような環境の中で私たちが完全なる健康を実現するためには、自らが降りかかるストレスを客観的に受け止め、心身に加わる影響を適切に処理することが必要です。

 このような中で、ヨーガが急速に注目を浴び、広がってきた理由は、ヨーガがセルフ・マネージメントの優れた実践法を数多く伝えてきたことにあります。さらにヨーガ療法は、インド政府がヨーガを心身症の治療に役立てるため100年にわたって医科学的に研究しているもので、世界中の医療関係者から注目、評価されています。

 今、世界中で多くの人がヨーガを必要としていることを背景に、私共「仙台ヨーガ塾」では、インド政府が認める教育機関の教育課程を終えた講師陣が、さらに日々努力と研鑚を積み重ね、皆様がより健康な日々を実現されますよう全力でサポートさせていただきたいと考えております。

仙台ヨーガ塾 代表
児玉 明美

ストレス反応の仕組み

 ストレスとは適応のメカニズムであり、ストレス要因の度合いによりエネルギー消費の質と量が変わってきます。また、私たちにとってすべてのストレスが有害なものではなく、適度なストレスは心身の機能を活性化させて心地よいものとなります(快ストレス=ユーストレス)

 また、ストレッサーを受け止める側の身体的抵抗力、そして、心理的な受け止め方でストレス反応のレベルは変わってきます。したがって、ストレス過多の時代を乗り切るには日頃から体の抵抗力を養い、心では自らがおかれた状況や環境を客観的に受け止めて最適な判断で対処できるような準備をすることが大切です。

ページの先頭へ